イメージバックアップによる高速バックアップ・DR(ディザスタリカバリ)対策

イメージバックアップだから実現できる圧倒的なスピードと確実性。

ShadowProtect(シャドウプロテクト)はイメージバックアップによりダウンタイムを大幅に短縮する高速バックアップ&ディザスタリカバリ対策ソリューションです。さらに、ハードウェアに依存しない復元機能を提供し、異なる機種への移行(P2P)や物理システムから仮想システムへの移行(P2V)に利用することができます。

ShadowProtect SPX はこちら

ShadowProtectはあなたのバックアップ&ディザスタ・リカバリの課題を解決する最良のソリューション

ITシステムが事業の要となっている現代の企業において、災害等のトラブル時にリカバリ・タイム・オブジェクティブ(RTO)を短縮し、ビジネスの継続性への影響を最小限に抑えることは重要な課題と言えます。また、増え続けるバックアップデータのスペース確保の問題や、システムの移行、また数年前から急成長している仮想環境対策など、最近の中堅・中小企業をとりまく課題は尽きるところを知りません。ShadowProtectの多彩なバックアップオプションがバックアップ&ディザスタ・リカバリの課題を解決する最良のソリューションとなります。

運用管理のしやすさと多彩なバックアップを低コストで実現

ShadowProtectはイメージバックアップによりダウンタイムを大幅に短縮するバックアップ・リカバリソリューションです。さらに、ハードウェアに依存しない復元機能を提供し、異なる機種への移行(P2P)や物理システムから仮想システムへの移行(P2V)に利用することができます。

多彩なバックアップオプションであなたのニーズを丸ごとカバー

  • ShadowProtectは、システム全体の信頼性の高い完全・差分・増分バックアップを迅速に復旧します。Windows OS、アプリケーション、コンフィギュレーションなど、データ全てを丸ごとバックアップします。
    また、Windowsに標準搭載されているVSSのスナップショットドライバーなどを利用して、コンピュータまたはサーバー上のシステムオペレーションを中断せずに、リアルタイムでとる「ホットバックアップ」と、マシンのOS上からではなくShadowProtectの製品CDからマシンを起動することで、OSをシャットダウンした状態のボリュームをバックアップする「コールドバックアップ」の両方が可能です。

バックアップの一元管理でIT管理者の負担を軽減

  • 管理コンソールでは、管理用マシンからネットワーク上にある複数のターゲットに対してShadowProtectのプッシュインストールを実行したり、ShadowProtectがインストールされている全てのマシンのバックアップ状況を確認することができます。また、スケジューリング機能を使用して、1回のみ/連続増分/日単位/週単位/月単位でバックアップの自動作成も可能です。ShadowProtectは、バックグラウンドで作業を行うため、業務の邪魔にもなりません。

スペース確保の心配も無用

  • 増え続けるバックアップの保存容量を確保し続けるのは容易ではありません。ShadowProtectでは、「バックアップ増分統合機能」と「圧縮機能」によりスペース確保の問題を解決できます。「バックアップ増分統合機能」は、最短で15分間隔で作成されるバックアップの増分イメージを日単位、週単位、月単位ファイルに統合し、イメージファイルチェーンの破損リスクを防ぐと共に、保持ポリシーを設定することでスペースの節約も可能です。「圧縮機能」は、イメージファイルを最大で約50%圧縮できます。

その他基本機能

  • ShadowProtectは徹底して分かりやすいユーザーインターフェイスを備え、全ての基本操作をウィザードで行うことが可能です。また、 パーティションの作成/フォーマット/削除やドライブレターの割り当て/削除等のパーティショニング機能や、バックアップが失敗した際のE-mail通知機能も搭載されています。企業のデータを丸ごとバックアップする場合、ShadowProtectの暗号化機能を使えば、バックアップファイルにパスワードを設定でき、セキュリティ面でも安心です。ShadowProtectの暗号化機能は、アメリカ国防省水準のAES256暗号化技術を使用しているため、高いセキュリティが必要とされる場合でも、問題なく対応できます。

安心の備えでリカバリへの不安を解消

いざという時に確実にシステムを復旧できるように、バックアップの状態を常に把握しておくことはとても重要です。
ShadowProtectは、バックアップイメージの状態が正常かを定期的に確認し、イメージチェーンの依存ファイル数を最小限に抑えるために増分イメージを統合します。また、多彩な復旧方法を提供することにより、うっかり削除してしまったファイルの復旧からサーバーの故障や大災害時等、一刻を争うようなディザスタの復旧におけるまで、臨機応変に幅広くあなたのシステムを確実かつ迅速に復旧させます。

日頃から備えるリカバリ

ベリファイ

  • ImageManagerに搭載されているベリファイ機能は、自動でバックアップイメージのベリファイ、再ベリファイを実行してイメージが正常かを確認します。ハードドライブの故障やイメージファイルの欠損など、イメージに問題があった場合、ImageManagerは、エラーを通知して問題を知らせるので、いざという時のためにバックアップイメージが確実に復旧可能な状態に保つことができます。

    ImageManagerは、バックアップ・イメージファイルが作成されるとすぐにベリファイを実行します。

    1日~30日単位で、定期的に自動で再ベリファイを実行し、イメージファイルの整合性を確認することもできます。

増分統合機能

  • ImageManagerの増分統合機能は、イメージチェーンの破損によってバックアップイメージ全体が使用不可能になる最悪のケースを未然に防ぐディザスタ・リカバリにおいて大変重要な機能です。継続して増分を作成していくと、依存するファイルの数が増えると同時にチェーン内のイメージが破損するリスクも高くなります。

    チェーン内のイメージが1つでも破損していると、それ以降のイメージは全く使い物にならなくなってしまうため、バックアップイメージファイルを自動で日単位、週単位、月単位に統合し、チェーン内の依存ファイルの数を減らします。また同時にバックアップの保存場所の使用量の消費を抑え、バックアップイメージの管理をシンプルにします。

通知機能

  • 通知機能を使用して、バックアップジョブの成否を自動で受け取ったり、特定のイベントが起こった際、自動でE-mail通知を送信するように設定しておくことも可能です。(操作に失敗した場合/管理フォルダの空き領域が指定したパーセンテージを下回った場合/1日の操作サマリー等)

VirtualBoot

  • ShadowProtectのバックアップイメージファイルを右クリックから簡単に仮想マシンとして起動することが可能です(Oracle VM VirtualBoxにて動作)。

    VirtualBootにより、ディザスタに備えるベストプラクティスとして作成、ベリファイ、統合されたイメージが確実に復旧できるかを確認したり、検討中のソフトウェアが使用中のサーバー環境で正しく起動するかの検証やレガシーシステムのアーカイブされた情報を復元したりすることも可能です。

日頃から備えるリカバリ

いざという時に確実にシステムを復旧できるように、バックアップの状態を常に把握しておくことはとても重要です。
ShadowProtectは、バックアップイメージの状態が正常かを定期的に確認し、イメージチェーンの依存ファイル数を最小限に抑えるために増分イメージを統合します。また、多彩な復旧方法を提供することにより、うっかり削除してしまったファイルの復旧からサーバーの故障や大災害時等、一刻を争うようなディザスタの復旧におけるまで、臨機応変に幅広くあなたのシステムを確実かつ迅速に復旧させます。

仮想化環境対策とビジネス継続性の向上

ShadowProtectは、HIR(ハードウェアに依存しない復元機能により、サーバーの仮想化移行も簡単に実現します。また、RTOを最小限に抑えるための新機能により、企業にとって最も重要なビジネス継続性を向上させます。

低コストでサーバー仮想化を実現

  • ここ数年、話題になっているサーバー仮想化もIT管理者の頭を悩ます課題の一つです。コスト削減のための仮想化も仮想化移行自体のコストが高く、また移行プロセスも複雑なため時間と労力のかかる大変な作業です。しかし、ShadowProtectのHIR(ハードウェアに依存しないリストア)を使用することで、通常、複雑かつコストのかかる仮想化移行も簡単に実現することができます。

    ShadowProtectのHIRは、P2P, P2V, V2P, V2Vに対応しているため、仮想化以外のシステムの移行も同様に簡単に実行することが可能です。また、ShadowProtectは、仮想サーバーにおけるバックアップにも対応していますので、仮想化移行後も安心して仮想マシンをバックアップすることができます。

    更に、バージョン4からの新機能として搭載されたShadowProtect Virtual Converterは、ShadowProtectのバックアップイメージをVHDファイル、VMDKファイル等の仮想ハードディスクイメージに変換することができます。仮想ハードディスクに変換しておくと、仮想化環境で使用する場合やアーカイブ用に大変便利です。

ビジネス継続性を向上

  • HeadStart RestoreR(HSR)は、ShadowProtect ImageManager Enterpriseで使用できる画期的な機能です。HSRを用いると、以前は数時間、あるいは数日間かかっていたTBクラスのデータを持つサーバーでさえ、数分で復旧作業を完了することが可能です。

    HSRは、ダウンタイムを最小限に抑えるために自動で復旧作業を実行します。まず、システムの管理者は、HSRを使用してシステムの復元ジョブを作成します。HSRはジョブを作成するとすぐに復元プロセスを開始します。元のマシンにおいて作成されるバックアップの増分ファイルは、この復元ジョブに対して継続的に追加されていきます。

    システム障害が発生してしまった際は、この復元プロセスに最終調整を行い、仮想環境を整えます。その後、ShadowProtectのハードウェアに依存しない復元(HIR)を実行すると、サーバーを再起動するだけで復旧作業が完了することになります。HSRでは、継続的にサーバーのバックアップが更新・復元される状態となるため、リカバリにかかる時間を大幅に削減し、システムのダウンタイムを最小限に抑えることが可能です。

もしもの大災害時に備えたバックアップの二重化

例えば、洪水等の自然災害によりあなたのオフィスのサーバー全てが使い物にならなくなったらどうしますか?ImageManager Enterpriseのレプリケーション(複製)機能は、ローカルドライブやネットワークドライブ、またオフサイトにバックアップの複製を作成することができます。ベストプラクティスとして、ローカルドライブのコピーは迅速なディザスタ・リカバリに、またオフサイトのコピーはアーカイブ用にもしくは万が一の大災害時にご使用頂くことができます。

その他基本機能

  • ShadowProtectは徹底して分かりやすいユーザーインターフェイスを備え、全ての基本操作をウィザードで行うことが可能です。また、 パーティションの作成/フォーマット/削除やドライブレターの割り当て/削除等のパーティショニング機能や、バックアップが失敗した際のE-mail通知機能も搭載されています。

    企業のデータを丸ごとバックアップする場合、ShadowProtectの暗号化機能を使えば、バックアップファイルにパスワードを設定でき、セキュリティ面でも安心です。ShadowProtectの暗号化機能は、アメリカ国防省水準のAES256暗号化技術を使用しているため、高いセキュリティが必要とされる場合でも、問題なく対応できます。

  • お問い合わせ・資料請求
  • トライアル版ダウンロード