仮想化デスクトップソリューション「VERDE」

「VERDE(バーディ)」とは、Linuxサーバー上で動作する、サーバー集約型の仮想デスクトップソリューションです。 ハイパーバイザには業界標準のLinux KVMを採用し、サーバー上で稼働している仮想化デスクトップの画面転送にはSPICEプロトコルを利用しているため、メディアプレイヤーなどの動画も快適に動作します。仮想化デスクトップには、Windowsをはじめ各種Linuxディストリビューションをサポートしています。

VERDEの特徴

サーバー1台からのスモールスタートが可能で初期導入が容易

  • 通常のVDIで必要とされる高価な共有ストレージや複数の管理サーバーなどは必要ありません。
    市販の汎用サーバー1台で簡単に仮想デスクトップ環境を手に入れることができます。

将来的な拡張性を踏まえた段階的な導入が可能

  • VERDEサーバを追加する事で、利用ユーザの増加にも簡単に対応。
    スモールスタートから大規模構成に至るまで、投資に無駄なく柔軟に拡張が可能です。

いつでも、どこでもあらゆるデバイスからデスクトップにアクセス可能

  • Windows端末からはもちろん、Mac、タブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスを通じて自分のデスクトップに自由にアクセスできるようになります。

幅広いOSに対応

  • Windows系OSでは7、XP、さらには2008に対応。その他、Red Hat Enterprise LinuxやUbuntu CentOS、Fedoraなど幅色いOSをゲストとして稼働することが可能です。

既存認証サーバーと連携可能

  • Active Directory、LDAPとの連携が可能。
    認証サーバ-を利用しない場合はホストOSのLinux標準機能でユーザを管理します。

ゴールドイメージ方式で管理コストを削減

  • ゴールドイメージはOS・アプリケーション領域を含み、単一イメージとして存在。
  • ゴールドイメージとユーザデータを統合しゲストOSとしてユーザに配信します。

VERDEのシステム要件

クラスタマスタ

  • CPU:Intel x86 / AMD64(1.5GHz 以上)
  • RAM:8GB 以上
  • HDD:10GB 以上
  • OS:Linux (カーネル2.6 以上)
  • Ethernet:ギガビット 以上(推奨)

サテライトサーバー

  • CPU:Intel x86 / AMD64 (1.5GHz 以上)、Intel-VT or AMD-V が必須、マルチコア/マルチソケット推奨
  • RAM:2GB 以上(ゲストOSによる)
  • HDD:ゲストOSによる
  • OS:Linux (カーネル2.6.24 以上)
  • Ethernet:ギガビット NIC x2 以上(推奨)

認証サーバー

  • ベンダー非依存(例) ActiveDirectory / NIS / LDAP 等のサービス
  • Ethernet:ギガビット 以上(推奨)

ストレージ (NAS)

  • ネットワーク・ファイルシステムのサポート(例) NFS / CIFS
  • HDD :ゲストOSによる
  • Ethernet:ギガビット以上(推奨)

クライアント

  • CPU:Intel x86 / AMD64
  • OS:Windows / Linux / Mac

iPhone、iPad、Android

  • I VERDEがインストールされている事。(App Storeに無償で提供)

オフラインクライアント”LEAF”

  • CPU:Intel x86 / AMD64、Intel-VT or AMD-V が必須(オフライン)
  • RAM:1GB 以上
  • HDD:40GB 以上
  • お問い合わせ・資料請求