P2V(Physical to Virtual)サービスのソリューション概要

システムの延命、運用コスト削減、サーバ統合によるTCO削減などの効果が期待できるソリューションとして注目を浴びる仮想化技術。ラネクシーのP2Vサービスは、お客様の既存環境をそのまま仮想基盤上へ移行できる最適なソリューションです。バックアップソフトメーカーとして培った技術とSierとしての豊富な経験で、お客様の環境にあわせた最適な仮想化への移行サービスをご提案します。

P2Vのメリット

ハードウェア削減

アプリケーション毎に物理ハードウェアを導入するサイロ型システムでは、物理ハードウェアが増えていく一方です。反面、それぞれのアプリケーション特性から、CPU、メモリ、HDD容量などを使いきることができず、もてあましている現状があります。仮想化技術を用いてサーバ統合をする事で、物理ハードウェアを削減できます。

管理コスト低減

仮想化技術を用いて物理ハードウェアを削減する事で、個々のサーバに対して掛かっていた運用管理を大幅に削減できます。また新たなサービス立ち上げの際も、仮想基盤上に簡単に仮想マシンを作成することが可能となり、ビジネススピードを加速させることが可能です。さらに、コスト面ではハードウェア保守契約、電気代など大きなメリットを享受できます。

メンテナンス性向上

仮想化基盤上で動作するOSは、物理ハードウェアの縛りを受けません。従って、物理ハードウェアのメンテナンスや故障が発生しても、サービスを停止することなくビジネスを継続できます。仮想基盤の統合管理ツールを活用する事で、可用性の高いシステムを実現できます。

システム延命

高いコストを支払って購入したシステムも、ハードウェア・OSメーカ主導で進むシステム更新の波に飲み込まれ、数年で動作保証外となってしまいます。仮想化技術では物理ハードウェアの縛りを受けないため、レガシーOSを最新のハードウェア上で動作させることが可能です。

ラネクシーは豊富なP2V経験と独自のアセスメントを活かし
お客様に最適なP2Vソリューションを提供いたします

P2Vのイメージ

P2V作業概略

仮想化への移行は、多くのメリットを享受できるいっぽうで、仮想環境上での監視・バックアップの運用などの新たな課題も発生します。ラネクシーでは、サーバ統合後の運用方法もご提案いたします。