プレスリリース

文書比較機能でWordドキュメントの確認作業を効率化。
HTML5ドキュメントビューアー「PrizmDoc V13」を2018年7月11日より販売開始。

2018年7月11日
株式会社ラネクシー

株式会社ラネクシー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:竹田昌生、以下ラネクシー)は、米国Accusoft社(アキュソフト社、本社:米国フロリダ州、社長: Jack Berlin)が開発した高精細・多機能ビューイングエンジン「PrizmDoc V13(プリズムドック)」を発売します。本製品は弊社の提携代理店経由で本日2018年7月11日より販売を開始いたします。


PrizmDoc V13


PrizmDocは、Office文書、PDF、CAD画像など様々な種類のファイルをサーバー上で変換し、Webブラウザで表示させるビューイングエンジンです。ユーザーごとに専用のアプリケーションをインストールしなくても300種類以上のファイルフォーマットのドキュメントを閲覧できるため、アプリケーションライセンスの費用を大幅に削減できます。また、表示するドキュメントをクライアントPCにダウンロードする必要が無いため、セキュリティの向上とストレージコストの削減も可能とします。

今回発表する最新バージョンでは、Microsoft Wordドキュメントに対して、文章等の編集差異を簡単に確認できる文書比較機能を提供致します。ドキュメントの比較方法は新旧のドキュメントに対して、フォントの違いや単語・段落の追加や省略など、書式変更に関する差異をマーカー及び異なるフォントカラーを利用し、Webブラウザから視覚的に把握することが可能となります。※

※ Microsoft Office コンバーター機能を有効にする必要があります(別途Microsoft Officeのライセンスが必要です)。

また、サポート対象のOSとしてWindows Server 2016とUbuntu 16.04が追加されました。更にMicrosoft Office文書における読み込み高速化の実現とタブレットやスマートフォン使用時にマルチデバイス用ビューワの操作性を向上しました。これにより最新サーバー環境でPrizmDoc運用を可能とし、利用者は快適なWebブラウザによるドキュメントの共有・確認を実現できます。

ラネクシーでは、今後も国内外の革新的で高付加価値なソフトウェア製品のリリースを計画しており、アプリケーション開発者に向けた高品質な画像処理ソフトウェア開発ツールを提供していく予定です。

PrizmDoc V13の新機能・強化機能

  • Microsoft Wordの文書比較機能を実装
  • Windows Server 2016及びUbuntu 16.04をサポート対象として追加
  • Microsoft Office文書の読込み速度の高速化
  • マルチデバイス用ビューワによるユーザビリティの向上

詳しい情報は製品情報のページをご参照ください。
https://www.imagegear.jp/prizm

価格

  • PrizmDoc V13 for Developer:\498,000 (税別)

(PrizmDoc V12 は 2018年8月31日にて販売終了となります。)

Accusoft社について

Accusoft社は、1991年に設立されたアメリカ フロリダ州にある画像処理ソフトウェア開発キットメーカーです。長年の開発を通じて培った技術力は世界中に認められ、医療、政府、教育機関を中心に多くの導入実績を誇っています。

ラネクシーについて

ラネクシーは、MylogStarシリーズをはじめとする自社製品の企画・開発・販売・サポートおよび海外での販売を視野に入れたグローバルな展開を目指す「ソフトウェア・メーカー」です。
また、長年に渡り培ったパブリッシング・ノウハウにより、世界中で使われているセキュリティ・運用管理などの業務用ソフトウェアを国内ユーザーにご満足いただけるクオリティで提供する「ディストリビューター」として海外ソフトウェア・ベンダーより高い信頼を得ています。さらに、これらのソフトウェア製品の導入支援からシステムの設計・構築・保守・運用に至る幅広いサービスを提供する「ソリューション・プロバイダー」としての事業も展開しており、お客様に最適な高品質のソリューションをいち早く提供することをミッションとしています。

本件に関するお問い合わせ先

製品に関して

株式会社ラネクシー 第1ソフトウェア事業部 営業部
E-mail:ig_sales@runexy.co.jp

リリースに関して

株式会社ラネクシー 事業戦略室
E-mail:mk@runexy.co.jp