導入事例

【MylogStar 導入事例】不動産取引業初のPマーク取得にMylogStarを活用。抑止効果と万が一のインシデントに備えたトレーサビリティも確立:大和地所レジデンス

不動産取引業初のPマーク取得にMylogStarを活用
抑止効果と万が一のインシデントに備えたトレーサビリティも確立

大和地所レジデンスは、大和地所グループの一員として、自社分譲マンションや戸建ての企画・販売などを手掛けている。業務において大量の顧客情報を扱う同社では、2005年4月の個人情報保護法の全面施行にあたり、プライバシーマーク(Pマーク)の取得を計画。Pマークの規格では「ログの取得・監視」が重要とされていることから、証跡管理ソリューションの導入を検討することにした。同社は複数の候補の中から、ラネクシーのクライアント操作ログ管理ソフトウェア「MylogStar(マイログスター)」を採用。不動産取引業初のPマーク取得に役立てるとともに、万が一のインシデントに備えたトレーサビリティも確立した。

使用製品:MylogStar(マイログスター)

大和地所レジデンス株式会社の導入前の課題と導入後の効果

導入前の課題

大量の顧客情報を保持する企業として、Pマークの取得を計画。その審査における技術的な安全管理措置の一つ「ログの取得・監視」に対応する必要があった。

導入後の効果

MylogStarの採用により、確実な証跡管理が実現。2005年4月には不動産取引業で初めてPマークを取得した。さらにはインシデントが起きた際のトレーサビリティも確立している。